【ブルネイ旅】ナイトマーケットで定番飯をお腹いっぱい堪能しよう

旅の醍醐味といったら、食事ですね!

現地の料理に舌鼓を打つのは旅行の大きな楽しみの一つです。

そして、ブルネイ各地にある屋台街・ナイトマーケット
「国民の台所」と呼ばれているだけあって人通りが多いです。

その人気は尽きることを知らず、「超」がつくほど大人気のスポットです!

そんなナイトマーケットがブルネイにはあるのですが、

もしかしたら、アジアで一番安全・安心・美味しいナイトマーケットなんじゃないの!?と言われています。

今回は、アジアで一番おいしい
ブルネイナイトマーケットのなかでも
大人気の定番飯をご紹介しますね!

ぜひ最後まで読んでみてください。

国民の台所! ガドン・ナイトマーケット

ブルネイ2

こちらがブルネイにある唯一無二のナイトマーケット、「ガドン・ナイトマーケット」です。

地元の方からはマレー語でナイトマーケットを表す「Pasar Gadong (パサー・ガドン)」とも呼ばれ親しまれています。

ナイトマーケットが安全・安心・美味しいと言われる3つの秘密

アクセスが良い

ブルネイ3

ブルネイの首都・バンダール地区から車で10分、ホテルも集中している繁華街のガドン地区からも徒歩圏内で行けてしまいます。

ガドン地区にある「The Mallショッピングセンター」からだと歩いて5分程。

しかも目の鼻の先なので、女性の一人歩きでも安心です。

ブルネイ4

上記の写真の右手が「The Mall ショッピングセンター正面入り口付近」です。

ショッピングセンター正面入り口に背を向けて、右手に進みます。

(ちなみに、バンダールのバスターミナルからバスでこのショッピングセンター行きに乗るとこの辺りで下車となります。乗る際もこのあたりにバスは停車しています。)

ブルネイ5

ショッピングセンターから2、3分歩くと川が見えてきて、橋に差し掛かります。

そのまま真っすぐ進みます。この辺りから、だんだんいい匂いが漂ってきます。

ブルネイ6

さあ、いよいよ見えてきました。

写真中央のたくさんの車が止まっているあたりがナイトマーケットです。

ブルネイ7

全長100m程の横に長い屋台街(?!)がブルネイのナイトマーケットです。

お客さんもお店の人も、雨が降っても安心!

ブルネイ8

こちらのナイトマーケットですが、壁のない大きなテントのような建物となっており、雨が降っても、お買い物や飲食が楽しめます。

もともとは、約5年前までは、現在のナイトマーケットの3分の1くらいの大きさで、ザ・モールショッピングセンターの駐車場として使われていた場所に運動会で使われるテントが並んでいました。

以前のナイトマーケットもなかなか風情があり、良かったのですが、急なスコールから、雨から売り物を守らなくてはいけなかったり、調理する際の衛生面などでも火が屋根に移ってしまいそうな雰囲気はありました。

そんなある日、ブルネイの現在の国王様がそんなナイトマーケットをご視察された際に、

「我が国民たちのために新しいナイトマーケットを建てよう」と建設が始まったといわれています。

それぞれの出店者のブースが区切られていて、ブースにごとに排水・水道・調理場などが備わっています。

ブルネイ9

ちょうど、こちらの写真では、お店のメニュー表に隠れてしまっているのですが、

メニュー表の裏あたりに換気扇も備わっているので、この場所での調理も可能です。

アクセスも良く安心して楽しめるナイトマーケットとご紹介しましたが、

ブルネイ人に大人気★ブルネイの定番飯をご紹介します!!

美味しい・安い・最高なマーケット!!

ブルネイ10

こちらのナイトマーケットですが、ブルネイ料理やマレーシア半島でも人気なマレー中華料理や若者を中心に人気なケバブやインドネシア風焼き鳥・サテーなど、さまざまな味を楽しむことが出来ます。

今回、個人的におすすめな5品をご紹介します♪

こちらのお店は、注文をしてから料理を作ってくれるので、出来立てが食べられます。

濃い味付けがいい!もやしは少なめでいいよ!といった要望やリクエストにも「バババ(あいよっ)」と答えてくれます。

1.クイティアオゴレン (Kuey Teow Goreng)

ブルネイ11

こちらは、マレー中華風焼きそばのクイティアオゴレン (Kuey Teow Goreng)という一品、いや逸品です。

元々華僑の方々からの影響を受けて、誕生したといわれているクイティアオという料理なのですが、米粉から作られたモチモチの平打ち麺と野菜や鶏肉をゴレンした(マレー語で合える・炒める・揚げる)、醤油ベースで味付けされた料理です。

街中のブルネイ・マレー料理レストランで、だいたい定番メニューとしてありますが、お店によって若干具の種類や味付けが違うので、お店ごとの違いを味合うのも楽しいです。

こちらのお店は、野菜と鶏肉が入って、2ブルネイドル(約160円)でした。

(ちなみにですが、私はクイティアオがブルネイ料理で一番大好きです‼)

2.ケバブ(マレー風ラム串)・サテー(マレー風焼き鳥)・ピリ辛焼き魚

ブルネイ12

こちらは、ラム肉とパプリカの串です。1本2ブルネイドル(約160円)

ブルネイ13

甘じょっぱいソースがこんがり焼いたラム肉とパプリカに合います。

ブルネイ14

市内の中華レストランなどでは、豚肉の提供もあるのですが、ナイトマーケットでは、イスラム教の方も安心して、食事がとれように豚肉や豚肉料理の販売は禁止されているので、売られている料理は、鶏肉・ラム肉・牛肉が主流です。

ブルネイ15

唐辛子をベースに調味料を合わせたソースを何度も塗って焼き上げます。

ピリッという辛さと直火で焼かれた魚が癖になりますね。

ここでグビッっと一杯いきたくなる方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら、ナイトマーケットにはお酒が売っていません。

マーケットだけでなく、現在ブルネイでは、宗教上の理由でお酒の販売とレストランへの持ち込み、および公共の場での飲酒は、禁止されております。

ただし、下記の条件を満たせば、ブルネイ国内へ持ち込むことが出来るので、ホテルの室内での飲酒は許されています。

補足

酒類:17歳以上の非イスラム教徒が、個人消費目的で酒類を持ち込む場合、入国時に申請をすれば、1人につきウイスキーやワイン等ボトル2本(合計2リットルまで)及びビール12 缶(1缶330ml)までの持込が、認められています。アルコールを再度持ち込む場合は、前回の持ち込みより48時間経過してからになります。

(在ブルネイ日本国大使館HP参照)

 

現在バックパッカーホステル型の滞在施設も増えておりますが、そういった場合の対応は、ご宿泊先のスタッフさんに聞いてみてくださいね♪

そして、売られているほとんどの料理がお持ち帰り出来るので、ホテルのお部屋でゆっくり楽しむことが出来るのです。

そして、お酒の代わりにブルネイの飲み物を試したい方には、こちら!!

3.フレッシュココナッツジュース

ブルネイ16

左から、

・フレッシュココナッツジュース(一番右も同じ味)

・マイロ(日本ではミロでお馴染み♪)

・ミックスフルーツジュース

・オレンジジュース

透明の350㎖程のコップにいれてくれるのですが、1杯1ブルネイドル(約80円)です。特におすすめは、左と右端っこのフレッシュココナッツジュースです。

ココナッツミルクとはまた異なる味で、天然のポカ〇スエット味と錯覚するようなとても飲みやすく、癖がないので、食事にもよく合います。

ジュースを冷やすために氷が入っていますが、何十回と飲んでいる私と私の周りの人は特にお腹を壊したことはないのですが、ご心配の方は、既製品のコーラ等の缶ジュースも販売しておりますので、ご安心くださいね。

そして、ブルネイの味を試してみて、ちょっと苦手かも…と思った方、もしくは異国でのアレを試してみたい方にはこちらがおすすめ!!

4.TAKOYAKI (たこ焼き)

ブルネイ17

我らが日本のソウルフード・たこ焼きです!! いや、こちらはTAKOYAKIです。

ちなみにあまりタコを食べる文化がないのと、ブルネイではタコが高価なので、タコは入っていません。笑

ツナ缶のツナとシーフード(イカと海老)とミックス(両方)から味が選べます。

3個入りで、1ブルネイドル(約80円)、7個入りで2ブルネイドル(約160円)でした。

ブルネイ18

私も昔食べた際に、粉っぽくてあまり美味しくなかった印象だったのですが、

最近売られていたこのたこ焼きには、びっくりしました。すごく美味しくなっていました!!

そして、〆には麺がオススメ!!

5.ソト・アヤム(Soto Ayam)

ブルネイ19

こちらは、SOTO(ソト)いう麺入りのスープ。まず、具と麺で好きなものを選んでから、別途に用意されている鶏肉や牛肉ベースのスープを入れてもらえます。

ソトに入っている麺の種類は、黄色の中華麺と日本でもお馴染みのビーフン(現地では、ミーフンと呼ばれています。)が入っています。

入っている具材は、鶏肉や牛肉を茹でたものと細かく切ったネギとブルネイでよく料理のアクセントの薬味として入っている、揚げたタマネギです。

こちらも是非とも食べていただきたい一品!!

骨付きの鶏肉や牛肉と薬味を大鍋に入れて、ぐつぐつ煮込んだスープと細目の麺が良く合います。

ちなみにこちらのナイトマーケットですが、マーケット内で飲食する際は、揚げたタマネギがとてもよく合います。

市内のお店では、だいたい4ブルネイドル(約320円)ですが、ナイトマーケットは2ドルが相場です。

ブルネイ20

こんな感じのテーブルとイスが30セット程敷地内にあるので、こちらで食べれます。

席は、予約制ではないので、空いている席に座るスタイルです。

補足
著者が訪れたときは、コロナの影響で人通りが少なくなってました。
しかもテープが張ってあって、一時的に飲食不可でした。

しかし、通常テープ等は張っていなく、みんなで盛り上がりながら召し上がれます。

まとめ

ブルネイのナイトマーケットは、

1 アクセス良し(安全)!

2 安心(屋根付きマーケット)!

3 美味しい!

 

全体的に明るく、死角が少ないので安全あると言われていますが、全く事件がないというわけでは、ありません。十分に防犯にはお気を付けください。

美味しい料理はもちろん、ローカルの台所事情をちらっと垣間見える調理場もあるので、一度で何度も美味しいブルネイのナイトマーケット。

ご紹介した他にも沢山美味しい料理があります!!

自分のお気に入りの地元の味や、色んな新しい発見をみつけてみてくださいね♪

「無料で海外旅行するマイル大学」公式Line@を配信してます

私はこれまでマイルを貯めて100ヶ国以上を訪問しています。
マイルを使えば無料で飛行機に乗れるため、
費用0円の海外旅行も数多くありました。

100ヶ国旅行した写真をTwitterにアップすると、
2万8000人からフォローされて、
旅行好きの方と繋がりとても楽しいです♪

 

その時たくさんの人から
「旅上手になりたい!」という声をいただいて
マッキー主催「マイル大学」をLine@にて開始することにしました。
いまだけ参加は無料です!

 

「無料で海外旅行するマイル大学」では


マイルを貯めるのに1番効率的なノウハウとは?


そもそもマイルって何?マイルの基本と裏技について(9,000円相当)


全国にある○○に1回2,500円で癒されてマイルを貯めて、1週間後に無料で沖縄にいったノウハウ(12,000円相当)

を無料公開しています。

 

とくに「無料で沖縄旅行したノウハウ」は、
99%の人が知らないけど、
すこしの作業をすれば誰にでもできる内容なので、
ぜひLine@に登録してみてください!

登録して信ぴょう性がなければ
すぐにLineをブロックできるのでご安心ください。

 

「マイル大学」の公式Lineはこちら
友だち追加
マッキー
「マイル大学」はいまだけ無料にしてるため、
興味ある方は今すぐにLine@に登録してみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が参考になったら
ポチっとクリックしてくれると喜びます❢
↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。