冬限定!ロンドンの移動遊園地でイギリス一番の思い出になった

クリスマスの時期になると、ロンドンには大きな遊園地ができます。

冬限定の特設とは言え、遊園地はかなり大きく、絶叫マシンまであります。アトラクションだけではなく、食べ物やドリンク、かわいい小物も取り揃えてあります。

ここに来れば、冬のロンドンを楽しめること間違いなしです。

冬のロンドンに行ったら、移動遊園地にも行って最高の思い出を残しましょう!

移動遊園地の基本情報

  • 場所
    Winter Wonderlandはハイドパークに期間限定で設置されます。
  • 住所
    Hyde Park Winter Wonderland Hyde Park London W2 2UH
  • 入場料
    無料です! (乗り物に乗る際は別途料金がかかります)
  • 営業期間
    11月後半から1月初めまで *クリスマスは休業です
    (昨年は2019/11/21~2020/01/05でした)
  • 営業時間
    10AM~10PM
  • 公式サイト
    https://hydeparkwinterwonderland.com/

 

移動遊園地Winter Wonderlandへの行き方

ハイドパークの周り5か所に入り口が設置されます。公共交通機関を利用し、自分の下りたところの一番近い入口から入場可能です。

移動遊園地 入口

公共交通機関利用には「オイスターカード」
ロンドン観光に来る際には、だいたいはシティに宿泊されると思います。

このシティからは3つの方法で移動が可能です。

  1. バス(bus)
  2. 地下鉄(TubeまたはUndergroundと呼びます)
  3. 地上の電車(OvergroundまたはRailと呼びます)

で移動可能です。

シティ内を観光予定の人は絶対にオイスターカードを買っておいたほうがお得です!!!

現金購入と比較して料金が半分ほどになります!オイスターカードとはロンドンのスイカのようなもので、チャージしておくだけで、タッチで乗車可能です。

オイスターカードは駅の券売機で購入可能なので確認してみてください。
地下鉄、地上の電車は乗車前に券売機で切符を買うことができますが、バスは現金乗車ができないのでご注意ください。

タッチ決算可能なクレジットカードまたはオイスターカードが必須です。

*シティからかなり離れたところ(Zone3から)に行く際は、このオイスターカードは使えないのでご注意ください!

地下鉄、電車

地下鉄、地上の電車の乗り方は日本と一緒です。乗る前と降りた後にカードをタッチするだけです。

バス

バスは乗るときのみタッチします。運転手の隣に機械がありますので、基本は前から乗車になります。また1時間一定金額です。
その間に何回乗り降りしても金額は変わりません。

おすすめのアプリ

City Mapper」をダウンロードしておいたほうが便利です。

Google Mapのような働きをしてくれますが、ロンドンに特化しているのでさらに詳しい情報が得られます。

Google Mapに出てこないもっと簡単で速い行き方を提案してくれます。また何分で来るか、乗り場も記載されているのでとっても便利です。

Winter Wonderlandは施設が豊富!

移動遊園地

Winter Wonderlandではアトラクション、マーケット、ストリートフード、アイススケート、アイスショー、カラオケなどが楽しめます。

私はWinter Wonderlandに2回行きました。1回目は夕方から行き、2回目はお昼過ぎころに行きました。

Winter Wonderlandはお昼と夜では見る景色が全く異なります。

明るいとテーマパークのような楽しい雰囲気で、暗くなるとよりクリスマスマーケットぽい雰囲気が漂いロマンチックな感じになります。

1回目に行ったのは夕方だったので、とてもおしゃれでロマンチックな雰囲気でした。

暗闇にオレンジ色っぽい温かみのある電球がたくさんあり、本当に雰囲気がいいです。

移動遊園地

それでは注意点も含め、Winter Wonderlandの楽しさを具体的にお伝えしていきます。

入口は5か所あり、赤、青、紫、緑、金に色分けされています。私は降りた駅(グリーンパーク)から近い青のゲートから入りました。

「Winter Wonderland Hyde Park」でマップ検索すると連れて行ってもらえると思いますが、「マーブルアーチ」、「ハイドパークコーナー」、「キングスブリッジ」、「ビクトリア」、「グリーンパーク」、「ボンドストリート」がそれぞれ最寄りの駅になっています。

もちろんバスで近くまで来ることも可能です。

移動遊園地のなかに入るには、まず荷物チェックがあります。荷物チェックのときにペットボトルや飲み物を持っていたら、係員さんに捨てられます。

私は温かい飲み物を入れた水筒を持っていたのですが、これは大丈夫でした。また大きな荷物は持ち込めないということなので、ご注意ください。

キャリーケースや大きな荷物はホテルに置くか、ビクトリア駅におけるところがあるようなので預けてから来ましょう。

かわいい小物

移動遊園地 小物

荷物チェックが終わり中へ入っていくと、すぐにかわいい小物が売っているお店が並んでいました。いかにも海外のクリスマスマーケットという感じで興奮しました。

このおしゃれな雰囲気にいるだけで幸せな気分になります。そしてこのかわいい小物はロンドンからのお土産にもピッタリだと思いました。

クリスマスの時期なのでトナカイやサンタクロースのキーホルダー、写真たて、飾り物や、オーガニックなはちみつ、ロンドンを象徴するロンドンアイ、ビッグベンが描かれた小物、マグネットなどたくさんあります。

小物を見てると雰囲気に流されて、何でも買いたくなります(笑)

私はガラスものが大好きなのですが、それもいろんな種類がたくさんありました。ネックレスやピアスなどのアクセサリーはもちろんかわいいです。

その他にもお皿や小さいグラスなどあり、それぞれのお店でじっくり見ていたら、全然前に進んでいませんでした。(笑)

またステンレスでできた小物もかわいかったです。

最初に欲しいなと思ったのは、「Splash Wind Spinner」です。

移動遊園地

 

風に揺れるとくるくる回転するのですが、それに光が当たると、さまざまな色に変化して輝いていました。サイズも小さいのと大きいのがあり、置く場所によって変えれるのもいいかと思いました。

最後まで悩みましたが、本当にきれいだったので購入しちゃいました。(笑)

 

移動遊園地

次にほしくなったのは、グラスの中にライトを入れて動物の姿を浮き上がらせる置物です。

これもちょこっとした置物で、手軽に購入できると思いました。

日中は太陽の光で輝き、夜はライトを点して、おしゃれな気分が味わえます。デザインがたくさんあってかわいいので、お土産でもらった人も嬉しくなるかと思います。

アトラクション

移動遊園地

先にも言いましたが、移動遊園地のわりに乗り物は本格的です。

円を描くジェットコースター、海賊船型の大型ブランコ、地上85mから猛スピードで落ちる乗り物など結構あります。

私は遊園地感を味わうためにお化け屋敷と海賊船型の大型ブランコだけ挑戦しました。

お化け屋敷はコースターに乗って回るタイプで、出てくるお化けもすべてロボットです。お化け屋敷は本格的に怖いものではないので子供でも怖いものが苦手な人でも楽しめます。

移動遊園地 お化け屋敷

またお化け屋敷の外装がハイセンスでした。外装を見ると結構怖そうなお化け屋敷ですが、実際はそうでもありません。ゾンビの置物がいくつかあり、ふと気づいたときに隣にあるとびっくりします。

水を吐くものもあるため、近くにいるときには注意してくださいね。

そしてベンチにゾンビの置物があるので、ゾンビとのツーショットも最後に撮ることができます。

移動遊園地

フリーフォールはいろんな遊園地にあるものと同じクオリティですが、私は小学校の修学旅行以来乗ったことがなかったのでどきどきわくわくでした。

乗った感想としては、怖いものは怖い!何回も上下して、久しぶりに全力で悲鳴を上げました。

体が浮く感覚がすごく久しぶりで怖かったですが、降りた後は充実感が得られました。やり方によってはストレス発散法になるなと感じました。

またメリーゴーランドや観覧車もあります。

観覧車は忙しさによって値段が変わります。空いているときは8ポンド(約1,100円)、普通の時は9ポンド(約1,300円)、忙しいときは10ポンド(約1,400円)になります。

私も乗りたかったのですが、かなりの人が列をつくっていたので諦めました。

チケットについてですが、それぞれの場所に受付があるので乗る前に購入できます。また毎回チケットを買う代わりに、園内パスポートを買うこともできます。

少なくとも20ポンドのチャージをする必要があり、初回に80ポンド(約11,000円)チャージすると5ポンド(約700円)のおまけがついてきます。

公式ホームページから予約できるので確認してみてください。

ミニゲーム

移動遊園地

バスケットボール、ビンゴ、射的、ボールを転がして穴に入れるゲームなどたくさんの種類のミニゲームがあります。代表的な景品として大きなぬいぐるみがありました。

お店の天井や壁にぶらぶらたくさんぶら下がっています。子供より大きいサイズのぬいぐるみがたくさんあり、子供たちだけではなく大人もゲットしようと必死です。

ゲームのルールはシンプルなのですが、意外に達成するのは難しく楽しかったです♪

フード、ドリンク

移動遊園地

もう一つのお楽しみは食べ物ですよね!ジャーマンソーセージ、ホットドッグ、フィッシュアンドチップス、ハンバーガー、ピザ、チュロスなどいろんな国のストリートフードが楽しめます。

ドリンクも一緒に売っていますが、中にはバーのような場所もあるのでたくさん飲みたい人にはおすすめです!

冷たい飲み物だけではなく、ホットチョコレート、ホットワインがあり、冷えた体にはぴったりです

移動遊園地

私はジャーマンソーセージ入りのホットドッグを食べましたが、お肉の味がしっかりしていておいしかったです。

ロンドンの夜はかなり冷え込むので、あったかいものには救われます。

そのためあったかいソーセージは一段とおいしく感じました。お酒も一杯だけ飲み体を温めました。

ロンドン観光する時の注意点

繰りかえしますがロンドンはかなり寒いです。夜の気温は氷点下ほどで、風が強いので体感温度はさらに低く感じます。

防寒はしっかりしていってください。

温かい飲み物はホットチョコレートとお酒しか見つけれなかったので、必要な人は水筒に温かいお茶を持参することをお勧めします。

まとめ

移動遊園地

・公共交通機関をよく利用するならオイスターカード
・City Mapperをダウンロードしておくと便利
・寒さ対策はしっかりと
・急な雨に備えて折りたたみ傘持参

ぜひWinter Wonderlandに行って、快適で楽しいひと時を過ごしてみてください。

一生忘れられない、最高の思い出になりますよ。

「無料で海外旅行するマイル大学」公式Line@を配信してます

私はこれまでマイルを貯めて100ヶ国以上を訪問しています。
マイルを使えば無料で飛行機に乗れるため、
費用0円の海外旅行も数多くありました。

100ヶ国旅行した写真をTwitterにアップすると、
2万8000人からフォローされて、
旅行好きの方と繋がりとても楽しいです♪

 

その時たくさんの人から
「旅上手になりたい!」という声をいただいて
マッキー主催「マイル大学」をLine@にて開始することにしました。
いまだけ参加は無料です!

 

「無料で海外旅行するマイル大学」では


マイルを貯めるのに1番効率的なノウハウとは?


そもそもマイルって何?マイルの基本と裏技について(9,000円相当)


全国にある○○に1回2,500円で癒されてマイルを貯めて、1週間後に無料で沖縄にいったノウハウ(12,000円相当)

を無料公開しています。

 

とくに「無料で沖縄旅行したノウハウ」は、
99%の人が知らないけど、
すこしの作業をすれば誰にでもできる内容なので、
ぜひLine@に登録してみてください!

登録して信ぴょう性がなければ
すぐにLineをブロックできるのでご安心ください。

 

「マイル大学」の公式Lineはこちら
友だち追加
マッキー
「マイル大学」はいまだけ無料にしてるため、
興味ある方は今すぐにLine@に登録してみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が参考になったら
ポチっとクリックしてくれると喜びます❢
↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。