アムステルダム押さえたいお土産7選!メジャーなものから在住者ならではのオススメも

最近、日本のみだけでなく世界各地から観光客が増加しているオランダ、アムステルダム。
運河沿いの街並みがとても美しく、「北のヴェネツィア」とも呼ばれています。

ゴッホ美術館アンネフランクの家等、歴史的な観光スポットも多く、旅行の際に立ち寄りたい場所がたくさんあります!

そんなアムステルダムではお土産がたくさんあるため、いざ行くとどれを購入したら喜んでもらえるのか?分からなくなってしまいますよね…。

私自身、旅行の際最終日まで迷い迷い、結局帰国ギリギリに駆け込みで買うことに…なんてことも。

そこで、今回はオランダ、アムステルダムでの必見!おすすめお土産について、メジャーなものから在住者ならではのおすすめまで、ご紹介していきます!

せっかくの旅行の時間を有効に使うためにも、また渡した人にも喜んでもらえるよう旅行前にぜひチェックしておきましょう♪

アムステルダムでの買い物について

海外で買い物をする際は言語や通貨だけでなく、支払い方法や買い物の仕方も変わってきますよね。

まず通貨について。

アムステルダムがあるオランダはEU加盟国のため、通貨はユーロ(€)。

また、オランダは物価が高いイメージがありますが、食料品やお土産等でしたら日本とそう変わらない価格で買うことが出来るので安心ですね。

次に支払い方法ですが、オランダでは基本的に、銀行系デビットカードを始めとするキャッシュレスでの支払いがメイン
場所によってはキャッシュレスのみ対応のところもあるので、会計前に必ずチェックしましょう。

また、日本では利用者の多い“JCB”のクレジットカードは、オランダ国内では利用できない確率がかなり高いです。。。

私も以前、オランダのスーパーを利用した時、JCBで買い物しようとしたところ使えず、さらにキャッシュレス会計のみのレジにいたのでバタバタとしてしまったことがありました。

当時、英語はほとんど話せなかったので、かなり焦りました…。

日頃からJCBで買い物をしている場合は、両替した現金を利用する、またはVISA等他ブランドのクレジットカードを利用する等事前に準備をしておくと安心ですよ。

ちなみにオランダの公用語はオランダ語ですが、ほとんどの人が流暢な英語を話します!
ご安心を♪

おすすめのお土産7選!

さて、ここからはおすすめのお土産をご紹介します。
お土産としてメジャーなものから、在住者ならではのおすすめまでチェックしてみましょう。

チーズ

チーズ

オランダは“チーズ大国”としても有名ですよね。

アムステルダム中心街にはチーズ専門店もたくさんあり、それ以外にスーパーでも様々な種類のチーズを見つけることが出来ます。

どちらでもとても美味しいチーズを購入でき、値段としてはスーパーのほうが比較的安価で購入出来ますが、チーズ専門店で購入すれば真空パックにして包んでくれます。

日本に持ち帰るときに安心できました。持ち運びするさいには、購入する際確認を。

代表的なものは、名前の由来がオランダのゴーダという街からきている“ゴーダチーズ”。また、赤い蝋でコーティングされている“エダムチーズ”も伝統的な人気のチーズです。

個人的なおすすめは、小さくてかわいいエダムチーズがセットになった“Baby bell”。

オランダでも小さい子から大人までファンが多い人気商品で、日持ちも長く個人的にBaby bellがとてもおすすめです。

Baby bell以外にも、オランダの伝統的なものから、日本で見たことのないものまで様々な種類のチーズを見つける事ができるので、お気に入りを見つけてみてください♪

ストロープワッフル

ストロープワッフル

ストロープワッフルは、キャラメルシロップをサンドしたオランダの代表的なお菓子です。

日本では“ワッフル”というと、分厚いふわふわ生地のものを想像しがちですが、実際は薄い2枚のワッフル生地でキャラメルのような食感のシロップをサンドしたもの。

淹れたてのホットコーヒーや紅茶を入れたカップの上にストロープワッフルを置いて、シロップを溶かしてから食べるのがとっても美味!

お土産屋さんにもスーパーにも必ず置いてあり、パッケージも風車をモチーフにしたものやデルフト焼きをモチーフにしたもの等沢山の種類があります。

個人的におすすめなのは、デルフト焼き等オランダモチーフの缶入りのもの。

ストロープワッフル

持ち帰る際スーツケース内でストロープワッフルが割れる心配もなく、食べ終わったあとも可愛い缶はインテリアの一部として使えます。

ちなみに街中のスタンドでは、出来たてホカホカが食べられます。
ぜひご賞味あれ♪

デルフト陶器

デルフト陶器

オランダの代表的な伝統工芸で、白地の陶器に青い鮮やかな模様が美しい焼き物です。

発祥は名前通りデルフトというオランダの街からで、16世紀頃からという長い歴史を持っており、人々に愛され続けています。

アムステルダムにもデルフト陶器の専門店があり、それ以外にもお土産屋さんを覗くと小さな木靴の形をしたものや、お菓子の箱等様々なものが並んでいます。

デルフト陶器

またミッフィーのお店に行けば、デルフト焼きデザインのミッフィーを見つけることも出来ます。

お土産としてのプレゼントにも、自分のオランダ旅行の記念にもおすすめです♪

チョコレート

レオニダスチョコレート

お土産の定番は、やはりチョコレート!
ヨーロッパのチョコレートはとても濃厚で、種類も様々。

お土産としても大変喜ばれます。

オランダにも、日本で見ることのないチョコレートが沢山。

DELICATA”や”TONY’S”等はオランダ人も大好き!パッケージもとても可愛いですし、日本のチョコとはまた違う美味しさが私も大好きです…!

また、日本でも見かけるレオニダスチョコレート等は、日本とは比較出来ないほど安く購入することが出来るので、チョコ好きの方はぜひこの機会に♪

エコボトル

オランダは“環境保護精神”がとても強い国。

エコに対しての取り組みもとても高いです。
街中を歩く学生やビジネスマンもみんな“マイ”エコボトルに飲み物を入れて持参しています。

そのため、エコボトルの種類も様々で、雑貨店やスーパーでも購入することが出来ます。

個人的なおすすめは”Dopper bottle”。

Dopper bottle

ユニークな形をした蓋が特徴ですが、この蓋はコップになるというすぐれもの!

Dopper bottle

オランダ人の中でもとても人気で、持っている人を頻繁に見かけます。

ゴッホ美術館のショップでは、写真のようにゴッホの作品を用いてデザインされたものもあり、オランダ土産にはぴったりです♪

アムステルダムの家型マグネット

家型マグネッ

アムステルダムといえば、運河沿いに並んだ縦長のお家を思い浮かべる方も多いと思います。

17世紀ごろ、アムステルダムが港として商業が盛んだった時代から建てられ始め、今現在もショップやレストラン、もちろん住居としても利用されています。

そんなお家をモチーフにしたお土産はたくさんありますが、中でも私のおすすめは“家型マグネット”です。

アムステルダムにある多くのお土産屋さんで購入することが出来、平たいタイプのものや、陶器でできたタイプのもの等様々なものがありますが、一番の違いは“デザインの建物がそれぞれ違う”こと。

美術館や自転車屋さん、先程紹介したストロープワッフル屋さん等、様々なお家があるのです。

以前、オランダに住む友人宅に遊びに行ったときに冷蔵庫にこのマグネットが沢山並んでいました。
それが、小さな街のようでとってもかわいいんです!
(私も後日たくさん買いました笑)

実際、家族にお土産として渡したところとても喜んでくれて、家族から「また買ってきて!」と頼まれるほど…笑

サイズも小さく、ほとんどのお土産屋さんで、5ユーロで3つ選んで購入できます。

ミッフィー

オランダ限定のミッフィー

日本でも小さい子から大人まで馴染み深い、カワイイうさぎのミッフィーですが、実はオランダ生まれのキャラクター!

作者のディック・ブルーナがアムステルダムの東にあるユトレヒトという街に住んでいたため、ユトレヒトにはミッフィーミュージアムやショップ等がありますが、アムステルダムでも沢山のミッフィーグッズを購入することが出来ます。

ミッフィーグッズの種類は様々で、メモやマグネット、ストロープワッフル入り缶や、中にはオランダらしい自転車のベルまで…!

かわいいキーチェーンも沢山あり、配るにはとてもおすすめですが、私の個人的なおすすめは…“オランダ限定のミッフィーぬいぐるみ”です♪

これまた種類は沢山!オランダのかわいい民族衣装を着ていたり、チューリップを持っていたり、中にはゴッホのエがモチーフとなった“絵描きミッフィー”も!

絵描きミッフィー

オランダでしか買えないミッフィーは、大切な方へのお土産としても、自分への旅行の記念としてもとてもおすすめですよ♪

ちなみにオランダではミッフィーの名前は、ミッフィーではなく“ナインチェ”(小さなウサギちゃん)と呼ばれています…!

お土産屋さん等で聞く際はご注意を♪

まとめ

今回は、アムステルダムのおすすめお土産についてご紹介しました!

オランダはとても小さな国ですが、歴史も長く、伝統的な食べ物や芸術等も多くあります。
それらのほとんどが今もなお、オランダの人たちに愛されています。

お土産屋さんはもちろん、美術館のショップや街中のスーパーを覗いても、日本では見ることはない“オランダらしい”お土産が見つかるはずです♪

ぜひたくさんの思い出とともに素敵なお土産を見つけてくださいね!

「無料で海外旅行するマイル大学」公式Line@を配信してます

私はこれまでマイルを貯めて100ヶ国以上を訪問しています。
マイルを使えば無料で飛行機に乗れるため、
費用0円の海外旅行も数多くありました。

100ヶ国旅行した写真をTwitterにアップすると、
2万8000人からフォローされて、
旅行好きの方と繋がりとても楽しいです♪

 

その時たくさんの人から
「旅上手になりたい!」という声をいただいて
マッキー主催「マイル大学」をLine@にて開始することにしました。
いまだけ参加は無料です!

 

「無料で海外旅行するマイル大学」では


マイルを貯めるのに1番効率的なノウハウとは?


そもそもマイルって何?マイルの基本と裏技について(9,000円相当)


全国にある○○に1回2,500円で癒されてマイルを貯めて、1週間後に無料で沖縄にいったノウハウ(12,000円相当)

を無料公開しています。

 

とくに「無料で沖縄旅行したノウハウ」は、
99%の人が知らないけど、
すこしの作業をすれば誰にでもできる内容なので、
ぜひLine@に登録してみてください!

登録して信ぴょう性がなければ
すぐにLineをブロックできるのでご安心ください。

 

「マイル大学」の公式Lineはこちら
友だち追加
マッキー
「マイル大学」はいまだけ無料にしてるため、
興味ある方は今すぐにLine@に登録してみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が参考になったら
ポチっとクリックしてくれると喜びます❢
↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。