シドニー空港からAirport Link電車で絶対に外せない観光スポットを効率的に周る方法

オーストラリアの有名な都市「シドニー」に行ったら、どこに行きたいですか?

オペラハウス、ハーバーブリッジなど、有名な場所はとりあえず一通り見ておきたいですよね!

実はこの定番の写真スポットは近くにあるので、シドニー空港からのポイントを知らなければ効率が悪くなります。

ぜひ今回紹介するポイントを押さえて、オペラハウスを中心に効率的に周ってみてください。

シドニーに来たら絶対に外せない観光スポットをご紹介します!

サーキュラーキー(Circular Quay)を目指して

サーキュラーキー

シドニー観光と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、あの有名なオペラハウスではないでしょうか?

オペラハウスを写真で見たことがある人はたくさんいるかと思います。

写真ではよく、橋と海が一緒に写っているいることが多いので「どこかの港近くにあるのかな?」と想像したかもしれませんね。

その通りです!
サーキュラーキーは波止場のすぐそばにそびえる建物です。

サーキュラーキーを目指してくるとオペラハウス、ハーバーブリッジの観光も一緒にできます。

すぐそばには歴史あるおしゃれな街並みの「ロックス」というエリア、シドニー博物館、シドニー天文台、ロイヤル植物園があります。

サーキュラーキーはシドニー観光に絶対欠かせないエリアです。

シドニー空港からサーキュラーキーへの行き方

シドニー空港から市内へ行く方法はいくつかあると思いますが、私は一番お手軽な「エアポートリンク」を利用しました。

エアポートリンク シドニー

エアポートリンクとは、空港からの移動に使える鉄道です。

国内線ターミナル、国際線ターミナルどちらにも駅があります。
天井や壁に案内がたくさんありましたので、空港についたら場所を確認してみてください。

案内に沿って行くとすぐに駅は見つけられますよ。(方向音痴の私でも大丈夫でした!)
電車の行き先は二方向あると思いますが、今回向かうのは「Circular Quay方面」です。

プラットホーム1になるかと思いますが、乗車前にはしっかりと確認しましょう。電車に乗ってから30分もしないうちに目的地に着きます。

乗り換え不要で目的地に着くので簡単ですが、心配な人は下記のマップからルートを確認してみてください。

便利なオパールカード(Opal)

シドニーで公共交通機関を利用するときに便利なのはオパールカード(Opal)です。
このカードで電車、バス、フェリーを利用することができます。

私はシドニー観光のため友達から借りていたので購入はしていませんが、空港の駅で購入可能です。お金をチャージしなければなりませんが、カードは無料で発行できます。

種類は4つあります。

Adult

黒いカード。16歳以上が使用できます。語学留学生は、多くの場合こちらのカードを持ちます。

Child/Youth

緑のカード。4~15歳、またはNSWかACTの学校に通う16歳以上の生徒が使用できます。

Senior/Pensioner

黄のカード。年金を受給している方や難民の方が使用できます。

Concession

白のカード。特定の大学、専門学校に通う方が使用できます。

使い方はスイカと一緒です。観光するときは必須レベルなので購入しておいた方がいいですよ♪

いざオペラハウス観光へ!

さて、サーキュラーキーで電車を降り、改札を出るとすぐに港が見えてきます。

オペラハウス観光

左側には海、右側にはちょっと高い建物が並んでいます。ここにはお土産屋さんやカフェが並んでいました♪
ぜひ
チェックしてみてください。

オーストラリアの有名なUGGなんかもおいてありましたよ。
この港沿いをずっと歩いていくと、徒歩10分ほどでオペラハウスに着きます。

歩いている途中には港の向こう側には実は、ハーバーブリッジがもう見えてきます。

ハーバーブリッジ

初めてのシドニーで、テレビや写真で何回も見ていたあの景色が自分の目の前に現れ始めるとすごくウキウキしてきました。

遠目ながらハーバーブリッジと記念撮影しながら、もう少し歩いていくと、ついに!!!オペラハウスが見えてきます。

生で見た感想は、「不思議な建物!」です。
形が独特で、さすが世界遺産の芸術作品だなと思いました。

オペラハウス前は結婚式の写真撮りにも利用されています。
私が行った時は二組のカップルが結婚式のドレスを着てプロのカメラマンに写真を撮ってもらっていました。

オペラハウス前以外にも、おすすめの写真スポットはあります!

そこが、オペラハウスのすぐ前に丘があります。

結構急な坂ではあるのですが、それほど長いわけではないのでぜひ行ってみてください。

ここからですとハーバーブリッジとオペラハウスを合わせて撮影できるのでオーストラリアを代表するいい写真が撮れます。

オペラハウス観光

よく見る写真ではオペラハウスからさらに離れた場所から海とオペラハウスとハーバーブリッジが撮影されていますが、遠くに行かなくてもここから十分いい写真が撮れます。

一生に一度のいい思い出になりました。

ハーバーブリッジ

ハーバーブリッジ

ハーバーブリッジとはノースシドニーとシティを結ぶ全長1149mの長い橋です。

壮大な建物なだけに楽しみ方は人それぞれです。
港の向こうから見るもよし、実際に歩てみるのもよし、バスに乗って通過もよし、フェリーに乗って下から見るのもいいかもしれません。

いろんな角度から写真を撮ると見れる景色が異なり楽しそうですね。

私はあまり時間がなかったので、ハーバーブリッジメインでは見に行きませんでした。先ほどお話ししたようにオペラハウスと撮影しただけでも十分満足のいくものでした。

さらに時間に余裕があったら一番お勧めしたいアクティビティがあります‼
それが「ブリッジクライム」です。

ハーバーブリッジ展望台に登る

ブリッジクライム

なんとアーチがかった橋の上に上ることができるんです。階段が設置されておりのぼっていくようなのですが、本当に貴重な体験です!

命綱をつけながら登ったのですが、頂上にいくまで緊張して下を見るのが怖かったです(笑)
だけど、ずっとワクワクしていました…!

ガイドさんが先頭を歩いて私たちは一列になって後ろに付いていくのですが、ヘッドホンでガイドさんの声が聞けます。

日本語での会話もできるため一番後ろでも問題ありません。ガイドさんの気配りが心強かったです。

興味があったらぜひ体験してみてください!

  • 予約サイト
  • 体験コースと価格
  • Summit 大人268ドル~403ドル
    3.5時間コース。橋の頂上まで行き、同じ方向へ帰ってきます。
  • Summit Express 大人268ドル~403ドル
    2.5時間コース。橋の頂上まで行き、同じ方向へ帰ってきます。
  • Sample 大人174ドル
    1.5時間コース。Summit の半分のコースで、頂上から1/2の距離で折り返してきます。
  • The Japanese Climb 大人308ドル~333ドル
    2.5時間コース。橋の頂上まで行き、同じ方向へ帰ってきます。日本人通訳が同行するので英語ができなくても心配ありません。

すでに330万人以上の観光客が登っている様です。
1つ注意点としては、スマホやカメラ、水などの落下物は持って行けません。

体験できる曜日、時間はそれぞれ決まっているので確認の上、予約していきましょう。

日本語での案内があるので安心して予約ができますね!

ぜひ、非日常な体験を楽しんでください。

ロックスThe Rocks

The Rocks

石で作られた建物が並び、その古い町並みにシドニーの歴史が感じられるエリアです。

サーキュラーキーの駅を挟んでオペラハウスの反対側にあります。

ロックスにはカフェやレストランがあるので、先にオペラハウスを見に行って、ランチや軽食をとりにロックスに来るのがいいかもしれません。

イギリスの入植者が初めて上陸した場所と言われており、昔の街並みがの残るおしゃれなエリアなのでただ散策するだけでも楽しいです。

公園でゆっくり、カフェめぐりもいいと思いますが、週末に開催されるマーケットも忘れずに!

The Rocks

マーケットにはストリートフードもあるのでここでおなかを満たすのもよさそうですね。

オペラハウスの歴史

オペラハウス

オペラハウスの歴史を知っているだけで、実際に見たときに感慨深い気持ちになることができました。

オペラハウスは2007年に「人類の創造的才能を表現する傑作」として世界遺産に登録されています。

世界で他を探してもないような独特な形で世界中の人々から愛されていますが、その設計の裏には壮絶なドラマがあったようです。

オペラハウスの建築デザインは1956年に公募で、32か国233もの案が集まりました。その中からデンマークの建築家ヨーン・ウツソンのシドニー湾を走るヨットをイメージした案が採用されました。

当時のウツソンは有名な芸術家というわけではなく、そのデザインも構造設計を考慮したものではなく簡易的なものでした。しかし審査員の建築家はこのアイディアが気に入り、採用されました。

1959年に着工しましたがその後も予算、デザインの問題でなかなか建設は進みませんでした。1965年には選挙で政府が一新したこともあり、デザイン考案者のウツソンはこの建設から退きました。

その後は何人かの建設者でデザインを変更しながら設計を続け、ついに1973年に14年もの年月をかけ完成しました。ウツソンは建設撤退後、再びデンマークに戻ります。

2003年にはオペラハウスの設計の栄誉を称えられ、シドニー大学から名誉博士号が授与されるものの、高齢のウツソンはオペラハウス完成後も実際に見ることはなく、2008年11月に亡くなりました。

今は有名な観光地として大賑わいですが、オペラハウスの建設にはとても感慨深いストーリーがありました。

改めて、オペラハウスはウツソンの独創的なアイディア、奮闘があっての建造物だなと感じます。

まとめ

シドニー観光するなら、「サーキュラーキー周辺」は必須エリアは、

  1. オペラハウス、ハーバーブリッジ、ロックス
  2. シドニー博物館、シドニー天文台、ロイヤル植物園も

有名な観光スポットがギュッと詰まった「サーキュラーキー周辺」でした。
ここを訪れただけで、シドニーを十分感じることができるでしょう。

素敵な写真をたくさん撮って、思い出に残してみてください。

「無料で海外旅行するマイル大学」公式Line@を配信してます

私はこれまでマイルを貯めて100ヶ国以上を訪問しています。
マイルを使えば無料で飛行機に乗れるため、
費用0円の海外旅行も数多くありました。

100ヶ国旅行した写真をTwitterにアップすると、
2万8000人からフォローされて、
旅行好きの方と繋がりとても楽しいです♪

 

その時たくさんの人から
「旅上手になりたい!」という声をいただいて
マッキー主催「マイル大学」をLine@にて開始することにしました。
いまだけ参加は無料です!

 

「無料で海外旅行するマイル大学」では


マイルを貯めるのに1番効率的なノウハウとは?


そもそもマイルって何?マイルの基本と裏技について(9,000円相当)


全国にある○○に1回2,500円で癒されてマイルを貯めて、1週間後に無料で沖縄にいったノウハウ(12,000円相当)

を無料公開しています。

 

とくに「無料で沖縄旅行したノウハウ」は、
99%の人が知らないけど、
すこしの作業をすれば誰にでもできる内容なので、
ぜひLine@に登録してみてください!

登録して信ぴょう性がなければ
すぐにLineをブロックできるのでご安心ください。

 

「マイル大学」の公式Lineはこちら
友だち追加
マッキー
「マイル大学」はいまだけ無料にしてるため、
興味ある方は今すぐにLine@に登録してみてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が参考になったら
ポチっとクリックしてくれると喜びます❢
↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。